フォーマルネクタイに適したネクタイとは|家紋入りネクタイ・家紋入りネクタイピンの通販 華紋

男性の礼装にふさわしいネクタイの色

●黒ネクタイ・・・弔事用ネクタイ
 黒字で無地でシルク製が望ましく、光沢のありすぎるものは避ける

〇白ネクタイ・・・慶事用ネクタイ
 親族の結婚式などに着用する正装の際のネクタイであり、シルク製など高級感ある素材のものがよい

男性の礼服とはどのようなスタイルか

男性のフォーマルスタイルに欠かせないのが、フォーマルネクタイです。

しかし、フォーマルに適したネクタイというと、どうやって選んだらよいのか、迷ってしまう方も多いのではないのでしょうか。例えば、弔事によく使われるのが、黒ネクタイです。

弔事にふさわしいと言われているのは、黒地で無地のものです。シルクが望ましいと言われていますが、この場合、あまり光沢があるものは避けましょう。また、黒ネクタイに黒の刺繡糸で刺繍が施してあるものも、華美過ぎなければよいと言われています。通夜など、訃報を聞いて駆けつけました、という意味のある場では、黒ネクタイでなくても、濃紺など落ち着いた色味であればも問題ありません。しかし、告別式などは黒ネクタイにしたほうがよいと言えます。

慶事の時は、基本的には白ネクタイといわれています。特に、親しい親族の結婚式では、白ネクタイが正式です。白ネクタイも、シルクなどの高級感ある生地を選ぶとよいでしょう。刺繍などが入っていても問題ありません。刺繍の縫い目の光沢の違いで柄を揚言したデザインなどは、カジュアルすぎず、かといって改まりすぎる感じもなく、若い男性にも受け入れやすデザインなのではないでしょうか。最近の結婚式では、友人や会社関係で出席する慶事には、様々な色のネクタイをつけている男性を見かけます。以前は、刑事と言えば白ネクタイでしたが、フォーマルネクタイの定義も時代とともに変わっていっていると言えそうです。しかし、格式の高い式場での結婚式に招待された場合には、親族でなくても、特に新郎新婦の上司として出席するなど、社会的な立場が新郎新婦よりも格上の立場として出席する場合には、白ネクタイを着用すると、ご年配の出席者の反応も良いでしょう。
フォーマルネクタイの中には、普段使いに活かせるデザインの商品もたくさん発売されています。特にお勧めなのは、明るめのスーツや色付きのシャツを着た時に、黒ネクタイを合わせること。胸元の黒が全体を引き締め、すっきり見えます。白ネクタイも、ストライブスーツとカラーシャツに合わせると、休日のカジュアルダウンスタイルに使えます。
シルク無地ネクタイ
3本セット
税込8000円以上のお買い上げで送料無料

家紋別

家紋入りアクセサリー

家紋アイテム 人気TOP3


カートに入れる

リンク

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」